教則本には書いていない、自分に合ったピックの種類と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分に合ったピックを使うと
ギターを弾くときにストレスが減ります。

 

ストレスが多いと
Fコードと同じように曲の練習が
捗らないのでギターがつまらなくなります。

 

そこで、今回は

「教則本には書いてないピックの種類と選び方

を紹介します。

 

練習に集中すればするほど
どんどんギターが上達します!

 

好きこそもののの上手なれですね

 

集中して曲を練習するときは
ストレスが少ないほうが気持ちいいですよね

 

ストレスを減らすためのアイディアとして

今回はピックに着目しました!

 

それでは僕個人の勝手な主観
交えて詳しく見ていきましょう!

 

 

1.ピックの形

 

ピックの形はたくさんありますが
基本的な形を今回3種類紹介します

 

A828C802-EC3D-49C1-BFD9-C5E2AFC1B0DB

 

左から順番に…

 

■トライアングル型(オニギリ型)

D39BA020-BACB-4714-AC2B-80062CFCD29A

 

見た目通り三角系のオニギリのかたち
1つの角が削れても他の角が残っているのでコスパ

 

僕はコードをジャカジャカ鳴らす曲でよく使います。

 

角の先が尖ってないので
弦にひっかかりにくくストロークがやりやすいです。

 

■ティアドロップ型

3B1B48F3-DF09-4E2D-9687-92EB4B408609

 

ティアドロップ=涙の雫

 

「このピック、涙の雫って意味らしいぜ…。
 ま、俺はギター毎晩泣かせてるけどな!」

そう思うのは…あ、僕だけですか…。

 

そうですか。
すみませんでした(土下座)

 

個人的に一番バランスのいい形と思います。

 

ピックを握った時の
指からはみ出る長さを調整して
ストロークをやりやすくしたり
細かい単音を弾いたりできます。

 

初心者は、この形のピックで
練習するのがオススメです!

 

■ジャズ型

78F439DF-83C7-447D-B6A8-140578C844A9

 

ハードロックやメタル、ジャズ等
単音を多く弾くジャンルの人に人気のピック。

 

あなたがコードや曲を覚えて
ギター中級者以上になると
ギターソロを弾きたくなります。

 

速弾きがあるソロだと
ティアドロップ型よりジャズ型
の方がはるかに弾きやすいです。

 

2.ピックの厚さ

 

ギター初心者がピックを選ぶときに
苦労するのはピックの形よりも
ピックの厚さだと思います。

 

ピックのロゴの下の数字や
MEDIUMなどのアルファベットが
ピックの厚さを表しています

 

■数字の場合

4947F15D-41C1-4FF7-AB73-368A99E95372

 

書いてある数字は、そのままmm(ミリ)です。

数字が大きいほど厚みがあります。
分厚いほど硬くなります。

 

同じメーカー・形でも
こんなに厚さにバリエーションがあることも!

 

C5CFC40D-958F-4DCD-BA49-F12C5ACE833F

 

■英語の場合

D39BA020-BACB-4714-AC2B-80062CFCD29A

 

fender、GIBSONという メーカーでの表記です。

・THIN(シン)
・MEDIUM(ミディアム)
・HEAVY(ヘビー)
・EXTRA HEAVY(エクストラ ヘビー)

厚さというより硬さ
表記しているイメージですね

 

EXTRA HEAVYが 1番この中では硬いです。

 

ピックが…

薄い、軟らかい
→しなるのでコードをジャカジャカ弾きやすい

厚い、硬い
→しっかり弦に当たるので音がハッキリする。

薄いから良い、硬いから悪い
ということでは一切ありません。

 

弾きたい曲によって ピックを変えたり
自分がギターを弾きやすい ピックを選んだら大丈夫です。

 

初心者さんが弾きやすいと思う個人的なオススメは

形 :ティアドロップ 厚さ:0.73~0.88mm

です!

 

基本的に ピックは1枚100円です

 

もし合わなくてもジュース一本程度と思って
自分に合うピックを見つけ出してくださいね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*