打倒!初心者の9割がぶち当たる壁、Fコード攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

です

 

今回は

「打倒!初心者の9割が
ぶち当たる壁、Fコード攻略法」

を紹介します。

 

初心者がFコードでつまづく理由はただ一つ。

 

弦のどこかでベ~ンという汚い音が鳴って
Cコードのように音が綺麗に鳴らないから。

 

指の力加減を上手にコントールできないので
音が綺麗にならず、手もすぐに疲れてしまうんです。

 

手が疲れず、
上手にコードを鳴らすポイント
細かく紹介します

 

1.親指の位置

 

Fコードだけでなく、
ギターの弦を上手に押さえるコツが
親指の位置です。

 

一番力が入りやすい親指の位置は
中指の真正面です。

 

7407FDD1-164D-49C2-8080-854D30F1089C

 

 

てこの原理です。

 

支点:親指
力点:手首、腕の手前に引く力
作用点:人、中、薬、小指

 

非効率な押さえ方のために

 

中指と薬指に力が回らず
ちゃんと弦を押さえられない

人差し指の先にしか力が入らず、
1、2弦から変な音がする

わけです。

 

親指の位置が
中指の真正面以外だと
指先に必要以上に力がかかるはずです。

 

親指の位置を意識すれば
手だけでなく、腕、肩などに
無駄な力が入らなくなるので
ギターを弾くことがとても楽になります。

 

 

2.人差し指に弦が当たる場所

 

Fコードは

5本しかない指で、
6本の弦を押さえるコード

です

 

1弦:人差し指
2弦:人差し指
3弦:中指
4弦:小指
5弦:薬指
6弦:人差し指

 

つまり、人差し指だけで
1弦、2弦、6弦
を押さえます。

 

Fコードは1弦と2弦さえ
綺麗に鳴らせたら勝ちです。
Fコードを押さえた直後の
僕の人差し指を見てください。

 

AF0BA155-B39A-4794-B8D9-D06540D8141C

 

第二関節のところに
関節の線とは別に
もうひとつ線があります。

 

1弦を押さえた線です。

 

第二関節の骨で
1弦を押さえます

 

正直最初は痛いです

 

ただ練習していくと、傷みに慣れて
痛くない場所がわかってくるので
綺麗に1弦が鳴るようになります。

 

2弦は1弦が無理なく
押さえられると自然に鳴ります。

 

 

6弦は
人差し指の指先~第二関節の間と
親指で挟むイメージで押さえます。

 

 

3.指を押さえる順番

 

最初に、
人差し指で1弦と2弦を押さえます。

 

押さえたら1弦と2弦だけ
鳴らして音が鳴るかチェック!

 

F1FE33B6-4143-4133-B7DB-BF892A9D23CD

 

次に、薬指で5弦押さえます。

 

押さえたら、
1弦、2弦、5弦が
綺麗に鳴るかチェック!

 

B192D90E-5FFA-41CA-8E6E-21107F3152CC

 

中指で4弦。

 

押さえたら、
1弦、2弦、4弦、5弦が
綺麗に鳴るかチェック

 

2F79BF77-4C55-48A6-A69D-ACB6151C1F80

3弦に小指

 

押さえたら、
1弦、2弦、3弦、4弦、5弦が
綺麗に鳴るかチェック

 

5937911E-3C0C-4779-BE20-E5AF03B612B1

 

そして、
人差し指先で6弦を押さえます。

 

1本ずつ綺麗になるか確認しましょう

 

D7333BFD-73AB-4E6C-B464-077BDF9A8FFC

 

確認できたら
最後にジャラ~ン!

 

 

どうでしょう?

鳴りましたか?

 

もし鳴らないようであれば、
ポイント1,2の写真の指と
あなたの手を見比べてください!

 

Fコードを克服できると
ギターが何百倍も楽しくなります!

 

楽しくなるとわかっていて
Fコードでギターを挫折するのは
本当にもったいないです。

 

質問等コメントやTwitterで
受付しているので気軽に相談してくださいね

 

それでは
最後までお読み頂きありがとうございました

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*