こんなTAB譜の表記みたことをありませんか?
 
↓ ↓ ↓
 
 
 
 
「H」ですね。
 
 
これ、ハンマリングと言います。
 
 
コード弾きやアルペジオのフレーズにハンマリングで
1音増やしておしゃれな雰囲気にしたり、
速弾きでピッキングの回数を減らすことができます。
 
チョーキング、ビブラートと同じくらい重要な基礎テクニックです!
 
 
最近のJ-POPは、
イントロでハンマリングを使うフレーズが非常に多いです。
 
(ALEXANDROSのワタリドリとか…)
 
 
ハンマリングでしか出せない表現力や、
ハンマリングが使えないと弾けないフレーズは山ほど存在するので、
初心者のうちにやり方だけでも覚えておきましょう!!
 
 
 
 

ハンマリングとは?

 
 
初心者向け教則本に書かれてあるハンマリングの解説は
「指先でフレットを叩いて、音を出すテクニック」です。
 
 
指先でフレット叩く。
 
言葉だけ見るとイミワカンナイですね。笑
 
 
簡単に説明すると、
 
「ピックで弦を弾いたあとに、高音側のフレットを
 指先で勢い良く押さえて音を出すテクニック」です。
 
 

ハンマリングの順番(写真あり)

 
このフレーズだとこんな感じです。
 
 
 
 
①1弦7フレットを人差し指で押さえて1弦をピックで弾く。
 
 
②すかさず1弦8フレットを中指で勢い良く押さえる。
 
 
③1弦8フレットの音が出る!
 
 
意外とシンプルです。
 
 

いますぐ弾きたいハンマリング練習フレーズ

ハンマリングの練習フレーズを紹介しておきます。
 
「H」の表記がありませんが、
数字と数字の間の  「)」を横向きにしたマークに合わせて
ハンマリングをしてください!
 

【レベル1】

★人差し指⇛中指 / 中指⇛薬指 / 薬指⇛小指 

 
 

【レベル2】

★人差し指⇛薬指

 

★人差し指⇛小指

 
 

【レベル3】

★人差し指⇛薬指⇛小指

 

★人差し指⇛中指⇛小指

 
 
 
 
レベル1は、1フレット間隔のハンマリング
レベル2は、2〜3フレット間隔のハンマリング
レベル3は、ギター・ソロ中によく出てくるハンマリングフレーズです。
 
 
 
まずは、レベル1と2のフレーズを
ハッキリとした音が出るまで練習して
ハンマリングのコツを手に覚えさせてください。
 
 
 
 

なかなかハンマリングの音が鳴らないときは?

 
ちなみに、ギターを始めたてのころは、
指先が固くなっていないので、
なかなかハンマリングが音が鳴りません。
 
 
ギターを毎日弾いていると、指先がだんだん固くなります。
 
 
固くなると、弦を勢いよく押さえたときに
ハッキリした音が出るようになるので安心してください!